So-net無料ブログ作成

細野真宏の数学嫌いでも『数学的思考力』が飛躍的に身に付く本! サマリー④(やっと終わり・・・) [読書]

何か解決しなきゃ問題があると、眠くなる(たくさん寝たくなる)傾向にあるって

最近気づきました。普通は逆なのかな???

寝ても何も解決しないのになぁ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・
過去の履歴はこちら→   

 有象無象の情報が溢れている中、情報の本質を見抜くには、その情報が得られた都度

常に『これの意味は何だろう?』と考えることが重要だ。自分が持っている”仮説”と

照らし合わせ、検証し、ブラッシュアップしていくのだ。そうすることにより、自分の

中に『情報の基盤』、個別の情報の本質を組み合わせて作る”全体像”を構築することが

できる。

 日々の情報は所詮『パズルのワンピース』に過ぎない。パズルの完成図(全体像)が

把握できていれば、日々の断片的情報が”パズルのどこに位置するのか”つまり、

その情報の本質的意味が素早くわかる。完成図が頭に入っているかどうかどうかが

その情報を『使える知識』に変えることができるかどうかの分かれ目になるのである。

 インターネットの普及により、情報を入手することはいくらでも可能になった。しかし、

現在は『入手方法』よりも『情報を組み立てる方法』の方が重要になっているのだ。

・・・・・・・・・

 サマリー書くのには時間かかりましたが、読みやすい(読みやす過ぎる?)本でした。

かわいいイラストとかもあって。この本読んで”数学嫌い”が変わるとは思いませんが、

(私は数学好きです)物事を筋道立てて考えることの重要性やその具体的方法が

経済ニュースや数学の勉強法等を事例にしてわかりやすく述べてあります。
 
 論理的な思考を身に付けたい人、またそういう論理的説明が求められる人は

是非一度読んでみて下さい。

(読書時間:多分累計4時間程度)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

早起き生活
Powered by 早起き生活

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。